みちや内科胃腸科

トップページお知らせ > ヘリコバクターピロリ研究会

お知らせ

ヘリコバクターピロリ研究会

ヘリコバクターピロリの研究会があり、当院の除菌数、成功率、傾向をまとめ発表しました。昨年4月から今年1月までの10か月間に270例に対し一次除菌療法を行い成功率は194例72%でした。この数年で80%台から徐々に低下しており、クラリスロマイシンの耐性菌増加によるものと考えられ、これは全国的傾向です。この不成功例に対する二次除菌は60例に対し71%の成功率でした。これは全国的な数値より若干低くこの地域でのヘリコバクターピロリの遺伝子型によるものかもしれません。合併疾患には特徴はなく、男女差もありません。喫煙が除菌率低下に及ぼす影響は過去から報告があり注意が必要です。除菌は胃癌発症のリスクを軽減はさせてもゼロにはなりません。除菌したあとも医師の指示に従って内視鏡での経過観察を行うようにしましょう。

 

お知らせ一覧に戻る